« 宮本武蔵の「鷲の図」 | トップページ | いけばなを体系づける »

2009年3月26日 (木)

なぜ日本人は白銀比を好むのか?

 自然の出生を大事にするいけばなは、自然の縮尺です。
 例えば、開き具合の違うユリの花を異なる長さにととのえる際も、自然を教科書にします。自然の植物が根から吸い上げた水や養分は、道菅を伝って茎中を上っていきます。だから、まずは、根もとについているつぼみに、水や養分がまわってきて、根もとの花が先に開きます。この時点では、根もとからの距離が遠い枝先の花は、まだ硬いつぼみのまま。いけばなでは、この姿をお手本にして、開いた花を低く水際に、つぼみを高く上の方に配置します。

 さて、私が大学で専攻した建築は、いけばなとは異なり、一見、自然と相反する存在です。しかし、日本建築史を学び、改めて日本の古建築を訪ね歩いた学生時代、こう気付きました。西洋建築は、自然の脅威から身をまもるためのシェルターだが、日本建築は、自然の風景の一部である、と。
 西洋建築は、自然と対抗し、自然を拒絶するかのように、頑丈に堅固に建てられています。しかし、日本建築は、室内と自然を壁で断絶するのではなく、縁側でゆるやかにつないでいます。そしてその姿は、1本の樹木やなだらかな丘陵のように、自然の風景に溶け込んでいます。日本建築は、いけばなと同じく、自然の縮図としてデザインされているのです。

 とすれば、いけばなと建築には共通項があるはずです。学生時代の私は、日本文化に通底するデザインを探り始めました。そうして見つけたキーワードの一つが、白銀比です。

 白銀比とは、正方形の一辺と対角線の比率、1:√2。日本建築は、この白銀比に彩られています。現存する世界最古の木造建築である法隆寺を上空から見ると、廻廊の長方形の縦横比が、白銀比になっています。また、大工さんが使うL字型の金属製ものさし「曲尺(かねじゃく)」でも、表と裏の目盛りの比率は1:√2。裏の目盛りで、丸材の直径を測れば、丸材からとれる角材の最大幅が求められる便利な道具です。
 日本建築を彩るこの白銀比は、古来、いけばなでも用いられています。江戸時代に編み出された美の法則に、「直角二等辺三角形におさまるように花をいければ美しく見える」というものがあります。この直角二等辺三角形の短辺と長辺の比は、まさしく白銀比です。
 当時のいけばなの伝書では、天円地方という考え方に基づき、直角二等辺三角形は天地和合の形であるという哲学的な解説がなされていますが、なぜ日本人が直角二等辺三角形を美しいと感じるのかは示されていません。「直角二等辺三角形におさまるように花をいければ美しく見える」という美の法則は、現在まで、経験則として伝えられてきたのです。

 白銀比が日本人の感性に合う理由を、きちんと理詰めで説明したいと、私は考えました。
 白銀比の特徴を、図形を用いて考察してみましょう。白銀比を使った図形を思い浮かべて下さい。まずは、法隆寺の廻廊に見られる短辺と長辺の比率が1:√2の白銀長方形。コピー用紙の形です。もう一つは、いけばなに見られる直角二等辺三角形。白銀比に彩られたこの二つの図形は、ともに同じ特徴を持っています。さて、どんな特徴か想像つきますか? 実際に、白銀長方形であるコピー用紙と、正方形の折り紙を対角線で半分に切った直角二等辺三角形を用意して考えて見て下さい。
 用意した二つの図形を、ともに長辺の真ん中で、半分に折ってみます。あら不思議。いずれの図形でも、相似形ができあがります。こんな特徴を持った図形は、他にはありません。白銀比を使った図形の特徴は、何度半分に折っても同じ形、相似になるということ。白銀比を使った図形は、数学的な美しさを持っているのです。
 相似は、自然界にも見られます。例えば、シダの枝分かれ構造は、全体を大きく見ても、枝先の一部分だけを細かく見ても、同じような形状を示しています。20世紀後半、フラクタル幾何学やカオス理論といった現代数学の考え方によって、「自然界に自己相似がある」ことが理論的に裏付けられました。しかし、自然とともに生きてきた日本人は、フラクタルの概念が提唱されるずっと以前から、自然の相似性に気付いていたはずです。自然の持つ相似性を内に秘めた白銀比は、日本人にとってまさに理想であり、それをデザインにも生かしたのではないでしょうか。
 これが私の導き出した仮説です。

|

« 宮本武蔵の「鷲の図」 | トップページ | いけばなを体系づける »

コメント

こんにちは、白銀比で
検索したらこちらにたどりつきました。

私も生け花を趣味でやっているので
楽しく読ませていただきました☆

ロマンティックですよね☆

投稿: モモエ | 2009年11月26日 (木) 21時49分

アメリカでフラワーアレンジメント専攻している学生です。初めて拝読させていただきました。いけばなの奥深さは心に響きます。是非アメリカでもパフォーマンスを...

投稿: yuka | 2009年3月26日 (木) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮本武蔵の「鷲の図」 | トップページ | いけばなを体系づける »