« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月24日 (木)

ぜひご覧下さい。

① BS朝日「緑のコトノハ」。2010年1月4日~8日、20:55~21:00。
  東京稽古の萩原篤さんがディレクターを担当して下さった番組です。 

② 読売新聞(全国) 2010年正月版 インタビュー
  京都新聞(京都) 2010年1月16日付 特集「岡山・京都文化フォーラム」
  山陽新聞(岡山) 2010年1月16日付 特集「岡山・京都文化フォーラム」

③ 月刊誌「PHPスペシャル」の連載「京蒔絵・花模様」が、2010年よりカラーとなりました。

④ 2010年も引き続き出演します。

  【テレビ】 NHK総合(関西)「ぐるっと関西おひるまえ」 毎月1回火曜日 
  【ラジオ】 KBS京都(京都)「ただ今勤務中!平野智美もお世話になります!!」 毎月1回金曜日

http://www.kadou.net/news/index.php?act=dtl&id=18
http://www.kadou.net/news/index.php?act=dtl&id=16

| | コメント (0)

京の冬の旅

 2010年1月~3月、「京の冬の旅」が開催されます。非公開文化財の特別公開を中心とした京都市主催の観光キャンペーン。私は瓢亭の高橋英一さんとともに、このキャンペーンのイメージキャラクターをつとめます。金戒光明寺、東寺小子房、醍醐寺霊宝館の3ヶ所で撮影したポスターは、全国のJRの駅および車内で、期間中の約3週間掲出予定。JRをご利用の際は、ぜひご覧下さい。
 なお、3月14日(日)には、定期観光バス特別コース「京都の文化の真髄を訪ねて」の講師をつとめます。こちらも、ぜひご参加下さい。

http://www.kyokanko.or.jp/huyu2009/2009huyutabi_6.html#huyu09_6_6

Brog

| | コメント (1)

2009年12月 7日 (月)

雑談から学んだこと

 伝統の若き継承者による「DO YOU KYOTO? ネットワーク」のメンバーと話をしていると、同じ伝統文化と言っても分野が違うと知らないことがたくさんあるなぁ、と感じます。
 例えば、漆芸家の三木啓樂さん。漆は痛んでも塗り直しができるのが長所だが、日本産の漆が入手困難であり、また昔と今とでは質が変わってきているので苦労する、とのこと。また、木材も温暖化のせいか、成長速度が早いのでスカスカになっているそうです。工芸の世界では、環境破壊の影響がかなり大きいことに驚かされました。
 続いて、陶芸家の諏訪蘇山さん。普通は良い土が取れるところに釜を作るのだが、京都はそうではない、とのこと。京都では土が採れないため、土屋さんがブレンドして下さるものを使う。だから、貴重な土を大事に使う知恵が身に付いているのだとか。
 そして、能楽師の橋本忠樹くん。能衣装は古いものを大事に使うが、古いからこそ味わいがある。畳み皺が擦り切れたら自身の手で縫い合わせるが、それによって陰影ができ、深みが出てくるのだ、と。
 生態系の変化に伴う苦労、モノを大事に使う日本人の知恵。大量生産・大量消費を続けてきた我々の暮らしを見直すためのヒントが、きっとそこに隠されています。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »