« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

淡交新書『茶の湯あいうえお』

高校・大学の先輩である森恭彦さんから、読売新聞での連載をまとめられた新著が届きました。早速パラパラと拝読していたら、自分の名前が出てきてビックリ。以前、インタビューを受けたのをすっかり忘れていました。

20130128_180037

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

本日発売 GOETHE(ゲーテ)3月号

クリュッグのご当主を囲んでの「KRUG Mission」の模様が紹介されています。
本日発売、GOETHE(ゲーテ)3月号 p.116~119

20130124_122727

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

京都ブランドフォーラムin 東京「未来を担う創造者たち」

まもなく申込締切(1/25)。
2/4 (月) 14:30~16:30、丸ビルホール、入場無料。
このメンバーでのトークを私がコーディネート!?
申込・詳細は下記より。
 
 http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_093770.html

24

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

「週刊ポスト」

現在発売中、「週刊ポスト」1月25日号(1月12日発売)p.30~31。
文筆家の白洲信哉さんと奈良の海龍王寺を訪ねました。 「古都逍遥~仏に出会う旅~」。

Photo_2

| | コメント (1)

2013年1月14日 (月)

平成25年 未生流笹岡 初いけ式

 家元として迎えた2度目の初いけ式を終えました。流派の門葉に加え、祖父の時代から親しくお付き合いいただいている方々にもご参会いただき、賑々しく流派の新たな1年がスタートしました、
 冒頭は家元による初いけ。歌会始の勅題「立」にちなみ、竹をまっすぐ立ちあげ、松と千両を合わせて、天地人三才の格に整えました。竹は、雪の重みにも柔軟に耐え、真っすぐ育ちます。それが、忍耐や正しい心に通じるとされ、竹にも神霊が宿ると信じられてきました。かぐや姫が竹から生まれるのも、この信仰に基づくものでしょう。ご参会いただいた皆様にとって、そして日本にとって、この竹のようにまっすぐに上昇の年となりますようにとの想いを託しました。

Photo

  昨年は辰歳、今年は巳歳。わが家はこの龍と蛇にご縁があります。未生流笹岡の家元は、もともと西陣にあり、現在の地に居を構えたのは祖父の時代。その転居の際、庭に白い蛇が現れたそうです。白蛇は龍神の化身。そこで、蔵の前に辰巳(南東)の方角を向けて、龍神を祀る小さなお社を建てました。
 未生流笹岡は、来月に徳島支部展、再来月には東京支部展を控えています。龍神と白蛇にあやかり、昨年に引き続き上を向いて成長したいものです。

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

1/7「女子アナSP」&「京都ふらりー」

 1月7日(月)はお正月特番。
 19時~、フジテレビ「草彅剛の女子アナスペシャル2013」。番組後半、クイズの出題者として少しだけVTR出演します。
 続いて、21時20分~、キャスターをつとめているKBS京都「京都ふらり~」。山田啓二京都府知事に加え、ロンドン五輪で活躍されたフェンシングの太田雄貴選手、池端花奈恵選手をお招きして。池端選手は艶やかな着物姿。普段とは違うその姿を見て、同志社大学の後輩にあたる太田選手が意地悪を言い、池端選手に怒られる1コマも。カメラが回っていない所での、和やかでちょっとお茶目なお二人の様子がとても好印象でした。「京都ふらり~」はウェブでも見られます。

Photo_2

| | コメント (1)

2013年1月 3日 (木)

京都銀行

正月花のいけこみに行ってきました。
京都銀行本店1階ロビー特設舞台にて、明日4日~9日の営業時間内にご覧頂けます(土日はお休み)。祖父が若い頃からの長いおつきあい。写真は昨年のもの。

2012

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

新年のご挨拶

 謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
 家元として初めて迎えた2012年。祖父の果たしてきた責務をなぞるのがせいいっぱいの1年でしたが、東京・大阪・京都での記念いけばな展を通じて多くの皆様とのご縁を深めることができ、私にとってはこの上なく幸せな年でした。
 そして、迎えた2度目の新年。親分肌の祖父が築いてきた家族的で和やかな人の輪を、これまで以上に大切にしながら、いつも笑顔で上を向いて、華の道を突き進みます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Photo_3

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »